スタディツアー研究会とは

設立目的

スタディツアー研究会は、スタディツアー(ワークキャンプなども含む)実施団体の情報交換や協力を促進し、かつスタディツアーの質的向上により地球市民の育成をはかり、開発協力に寄与することを目的に活動しています。

 

活動概要

   スタディツアーに関する調査研修

   スタディツアーに関する提言

   スタディツアーに対する理解促進のための活動

   スタディツアーを実施しているNGOなどの団体間ネットワークの促進

   その他必要な活動

 

これまでの経緯

年/月 内容
1997/5

ツアー実施NGO中心で結成。

団体間で情報交換や経験交流を始める。

1998/3 環境パートナーシッププラザ(渋谷)にてスタディツアーパネル展「あなたと出会いたい」開催。「スタディツアー旅券~スタディツアー・ワークキャンプの手引き」初版発行。
1999/1

第1回NGOスタディツアー全国研究集会を国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催。

「安全管理」「大学と連携」等テーマを変えて概ね毎年実施。

2000/6

スタディツアー合同説明会開催開始。

以後毎年1~2回のペースで開催。

2000/8

研究論文「スタディツアーにおける

現地受入側インパクトの考察」発行。

2002/6

「スタディツアー旅券~スタディツアー・ワークキャンプの手引き」

改訂版発行

2003/3 「スタディツアー安全管理ハンドブック」発行
2006/5 第7回研究集会「危機管理セミナー:感染症対策」開催
2008/3 第8回研究集会「大学とNGOの連携をさぐる」開催
2010/7

「NGOスタディツアーアンケート2010調査」実施。

スタディツアー紹介ポータルサイト「スタディツアーPASSPORT~スタディツアー・ワークキャンプガイド」開設・公開。

2011/3 第9回研究集会「スタディツアー運営力満点セミナー」開催
2012/2 スタディツアー実施能力向上研修「安全なツアー・満員御礼なツアーの作り方」開催(東京・名古屋)

組織概要(2013年6月現在)

代表:米山敏裕(NPO法人 地球の友と歩む会 事務局長)

副代表:田中博(NPO法人 ヒマラヤ保全協会 監事)

事務局:NPO法人 地球の友と歩む会/LIFE

顧問:田中治彦(上智大学総合人間科学部教育学科教授、NPO法人開発教育協会 評議員)

顧問:原優二(株式会社風の旅行社 代表取締役社長)

 

助成・受託実績

1998年:日本環境財団
2001年:東京都社会福祉協議会ボランティア基金
2003年:昭和池田記念財団
2009年:財団法人日本国際協力システム・平成21年度NGO支援事業
2011年:国際協力機構・平成23年度NGO人材育成研修地域NGO提案型研修

 

スタディツアー研究会(スタ研)は、NGOのスタディツアーの質的向上と、普及のために活動をしています。

▲ 国別・テーマ別に、各NGOのツアーを検索できるサイトです!